【きれいに保つために】スカートを上手に収納できるハンガーとは  

【きれいに保つために】スカートを上手に収納できるハンガーとは

コラム

スカートを収納するときに、クローゼットを圧迫してしまうことやシワがついてしまうことは珍しくありません。

スカートをきれいに収納できずお悩みの方も多いのではないでしょうか?

本記事では、スカートの収納方法でお悩みの方のために、スカート収納が上手にできるハンガーの選び方と使い方を紹介します。

スカート収納がしやすいハンガー4種類とその特徴

ここでは、スカート収納がしやすいハンガー4種類とその特徴を解説します。

 

種類① クリップタイプ

スカート収納に向いているハンガーで主流なものはクリップタイプです。

スカートを挟むだけでしっかりと固定できるため、吊るしている間にスカートが落ちてしまう心配もありません。

デニム生地など、さまざまな素材のスカートにも使えるため汎用性が高く、便利なハンガーです。

 

種類② 幅の広いクリップタイプ

幅の広いクリップタイプは、ハンガー自体が大きなクリップのような形状をしています

スカートのウエスト部分を全体的に挟むため、部分的なシワやクリップの跡がつきにくい点が特徴です。

中には、クリップの内側にフェルトが付いており、よりデリケートな素材のスカートにもおすすめできるタイプもあります。

 

種類③ すべり止めタイプ

すべり止めタイプのハンガーは両端に服が滑らないような加工がされており、スカートの内側に入れて吊るすだけで収納できます。

クリップタイプのように生地を挟むことはしないため、服に跡が付きにくく、生地を傷めにくい点が魅力的です。

また、ハンガーの形がシンプルでかさばりにくいため、収納スペースを圧迫しにくい長所もあります。

 

種類④ 引っ掛けタイプ

横一直線の棒にスカートを折るようにかけるタイプのハンガーです。

ハンガー自体はかさばりにくい形をしていますが、スカートを折りたたんでかける必要があるため、幅をとりやすく収納力にはあまり優れていません。

丈が長いスカートや、折りたたんでもシワが付きにくい生地のものに使うとよいでしょう。

スカートに合わせたハンガーを選ぶ際の注意点

スカート用のハンガーを選ぶ際には、ハンガーとスカートの特徴をそれぞれ理解して選ばないと、生地を傷めてしまう可能性があります。

特に、シフォンスカートや綿のスカートはシワが目立ちやすいため注意が必要です。

スカートの長さや重さ、生地の種類などに合わせて適切なハンガーを選ぶようにしましょう。

スカート収納におすすめのハンガーとその使い方

スカートにおすすめのハンガーを使った収納方法は、クリップタイプとすべり止めタイプを上手に使いこなす方法です。

クリップの跡やシワが付きにくい生地のものはクリップタイプのハンガーをつかい、そのハンガーを連結させることによって、極力スペースを取らないように収納します。

シワがつきやすい生地のものはすべり止めタイプのハンガーをつかうことで、きれいに収納することが可能です。

ちなみに、ハンガーの色や質感を統一すると、クローゼットの中身がおしゃれに見えます。

ハンガーを買い替えるときには、色や質感を意識してみて選んでみてはいかがでしょうか。

スカートの大きさや生地に合わせてハンガーを選ぼう

いかがでしたでしょうか。

スカートに最適なハンガーの種類、特徴について解説しました。

スカートを収納するときには、それぞれの特徴を理解しないと、シワや跡がついてしまいます。

そんな時は、スカートの種類に合わせてハンガーを選ぶことで、服を傷めずに収納できるようになるかもしれないので、ぜひハンガー選びから見直してみてくださいね。

 

東京ハンガーでは、スーツやジャケット、スカートやデニムなどさまざまな種類の服に適したハンガーを取り扱っています。

オーダーも受け付けておりますので、ぜひあなたの洋服に合うハンガーを探してください。

一覧へ戻る