ハンガーで服に跡がつかないために知っておきたい予防法や修復方法

コラム

お気に入りの洋服をハンガーにかけていたら、跡がついてしまっていた。

ちょうど着ようと思っていたときに、肩の部分に出っ張りができていたら、ショックが大きいですよね。

なぜハンガーに洋服を吊るしておくと跡がついてしまうのか?つかないよう予防する方法や、ついたあと修復するにはどうすればいいのか?などの疑問に対して、この記事で全てお答えします!

ハンガーにかけておくとなぜ肩に跡ができるのか

なぜお気に入りの洋服をハンガーにかけておくと、肩に跡がついてしまうのでしょうか?

理由は簡単で、服が伸びてしまうから。

洋服をハンガーにかけていると、当然のことながら重力がかかります。

重力に引っ張られる形で洋服は下側に行こうとし、それを支えるハンガーの部分で生地が伸びてしまうのです。

そのため、伸びが気になる服をハンガーにかける際は注意しましょう。

跡ができないようする予防法

肩にハンガー跡がつかないようにする2つの予防策をお伝えします。

 

予防法① ハンガーの形状を変える

薄めのハンガーを使っている場合、肩にハンガー跡がつきやすくなります。

クリーニングに出したときについてくる針金式のハンガーなどは、肩部分に出っ張りがあります。

そこに長時間洋服をかけてしまうと、生地が伸びてしまい、跡がついてしまう…というのはなんとなく想像がつくでしょう。

しかしハンガーの形状を変えることで、この問題は解決できます。

肩部分の出っ張りがないハンガーや、厚みのあるハンガーを使用することで、重力がかかっても洋服に負担がかかりにくくなります。

ハンガー跡に悩んでいる方はぜひ試してみてください。

 

予防法② 型崩れ防止シートを使用する

もう一つ予防する方法として、型崩れ防止シートを使用する方法もあります。

型崩れ防止シートとは、ハンガーにセットするだけで、衣類の型崩れを防止してくれる便利なシート。

消臭・ダニ除けなどの効果もあり、お手持ちのハンガーをそのまま使いたい方におすすめです。

跡ができてしまった場合の直し方

それでは、肩にハンガー跡がついてしまった衣類はどのように直せばいいのでしょうか?

これはけっこう簡単で、跡がついてしまった部分を水で少し濡らし(霧吹き等を使うとベスト)、ドライヤーをかけながら指先で伸ばすことで元に戻ります。

ドライヤーの熱を当て続けると服が傷んでしまう可能性があるので、短時間で終わらせましょう。

余談にはなるのですが、アイロンをかけた直後のワイシャツなどをハンガーにかけてしまうと、余熱でシワが寄ってしまうことも。できれば時間を置いて熱を冷ましたあとに、ハンガーに吊るしましょう。

肩につくハンガー跡は予防&修復可能!

肩の部分につくハンガー跡についてお伝えしました。

気に入っていた服にハンガーの跡がついてしまったらショックですよね……。

でもこの記事を読めば大丈夫!お気に入りの洋服のハンガーを変えたり、型崩れ防止シートを使ったりすれば、ハンガー跡に悩まされることはありません。

万が一ついてしまったときも、すぐ修復できます。

いつでもお気に入りの洋服が着られるよう、注意して扱いましょう。

 

東京ハンガーでは、抗菌・消臭機能がついた高機能ハンガーだけでなく、ブーツやジャケットの用途別ハンガーも取り扱っております。

オーダーも受け付けておりますので、ぜひあなたの洋服に合うハンガーを探してください。

一覧へ戻る