ハンガーで服は伸びる?かけるべき服とかけないほうがいい服を紹介!

コラム

どんな服でも手軽にかけることができるハンガー。

便利だなと思い、なんでも気軽にハンガーにかけていませんか。

一見万能に見えるハンガーですが、実はハンガーにかけないほうがいい服も存在します。

ここでは、ハンガーにかけるべき服とかけるべきでない服を紹介。

服の寿命を延ばすためにも、正しい方法で収納してくださいね。

ハンガーにかけると服は伸びるのか

ハンガーにかけて服を収納する人もいると思いますが、すべての服をハンガー収納するのはおすすめできません。

服や素材によっては、ハンガーにかけることで伸びてしまうからです。

そのため、ハンガーにかけていい服、かけないほうがいい服を知ったうえで、適切な使い方をしていきましょう。

ハンガーにかけるべき服

まず最初に、ハンガーにかけたほうがいい服を紹介します。

 

1.アウター

コート、ブルゾン、ジャケットなどのアウター類はハンガーにかけて収納するのがおすすめです。

とくに皮のコートなどは、いったんシワがついてしまうと元に戻すのは困難です。

長期間ハンガーにかけて保管する際は、湿度や虫食いにも気をつけましょう。

 

2.スーツ

スーツの場合、スーツ専用のハンガーを使用するのがおすすめ。

スーツ専用ハンガーは、通常のハンガーと異なり、肩に厚みや湾曲があり、ジャケットにフィットするようにつくられています。

型崩れを防ぎ、スーツにしわを付けたくない人にぜひ使用してほしいハンガーです。

また、ジャケットやパンツのボタンは開けたままで保管してください。

ボタンを留めた状態でハンガーに長時間かけてしまうと、型崩れの原因となるので気をつけましょう。

 

3.スカート・パンツ

スカート・パンツも、ボトムス専用のハンガーに吊るして収納するのがおすすめ。

重めのスカート・パンツの場合、滑り止め付きを利用すれば、床に落ちてしまうといったトラブルも防げます。

クリップの跡がついてしまったり、伸びやすかったりするスカート・パンツは、棒部分にかけて収納しましょう。

ハンガーにかけないほうがいい服

次に、ハンガーにかけないほうがいい服を紹介します。

 

1.Tシャツ

Tシャツを「畳むのが面倒」とハンガーにかけっぱなしの人もいると思いますが、おすすめできません。

というのも、Tシャツを長時間ハンガーにかけてしまうと、肩の部分の生地が伸びたり、ハンガーの跡がついてしまったりして型崩れの原因になってしまうからです。

とくに生地が厚めのTシャツは型崩れしやすいため、ハンガーは使わないほうがいいでしょう。

 

2.ニット

ニットも同様にハンガーの跡がついたり、伸びたりしやすい服になります。

そのため、ハンガーに吊るすよりも畳んで収納することをおすすめします。

何でもかんでもハンガーにかけるのはNG

ハンガーを使って収納すべき服、またはすべきでない服を紹介しました。

ハンガーは便利ですが、服によっては伸びてしまったり、跡がついてしまったりする原因にもなってしまいます。

大事な服はすべてハンガーにかけたくなる気持ちは分かりますが、服の特性を理解したうえで、適切に収納していきましょう。

 

東京ハンガーでは、抗菌・消臭機能がついた高機能ハンガーだけでなく、ブーツやジャケットの用途別ハンガーも取り扱っております。

オーダーも受け付けておりますので、ぜひあなたの洋服に合うハンガーを探してください。

一覧へ戻る