ステンレスハンガーの知っておきたいメリットやデメリット  

ステンレスハンガーの知っておきたいメリットやデメリット

コラム

ハンガーは、服をきれいに保存するためには欠かせないアイテムです。

ステンレスや木製、プラスチック製などいくつか素材に種類があり、その種類ごとに特徴は異なります。

この記事ではステンレスハンガーの特徴やメリット・デメリットについて、解説していきます。

適切なハンガーを使って大切な衣服を長く保管したい方は、ぜひ最後までご覧ください。

ステンレスハンガーのメリット3選

ステンレスハンガーはどのようなメリットがあるのでしょうか。

以下に、そのメリットを3つ紹介します。

 

メリット① 耐久力がある

ステンレスハンガーの1つ目のメリットは、他の素材と比べて耐久力があることです。

ステンレスハンガーは鉄を原料としているため、丈夫に作られています。

そのため、ステンレスハンガーは長期間使っても壊れにくいというメリットがあります。

 

メリット② スペースをとらない

2つ目のメリットは、無駄にスペースをとらないことです。

ステンレスハンガーの多くは、木製ハンガーやプラスチックハンガーと比べて厚みがありません。

そのため、クローゼットで使う場合には非常にコンパクトに収納することができ、スペースをとらなくて済みます。

 

メリット③ デザインがおしゃれ

3つ目のメリットはおしゃれなことです。

ステンレスハンガーはシルバー色で光沢があります。

部屋の内装やクローゼットの中までおしゃれを追求して、細部の外見までこだわりたい方などには特におすすめです。

ステンレスハンガーのデメリット3選

ステンレスハンガーは耐久力があり、収納性やデザイン性にもメリットがあるということがわかりました。

一方で、人によってはデメリットと感じられるような点もあります。

以下に、具体的なデメリットを3つ紹介します。

 

デメリット① 重たい

ステンレスハンガーは金属でできています。

原料の軽いプラスチックや針金製のものなどと比べると、重たく感じるかもしれません

そのため、人によっては日常的に使う中で重たいことにわずらわしさを感じることもあるでしょう。

そのようなときは軽いプラスチックハンガーなどを使うことをおすすめします。

 

デメリット② ぶつかると音が鳴る

2つ目のデメリットは、ぶつかると音が鳴りやすいという点です。

繰り返しになりますが、ステンレスハンガーは金属でできているので、ハンガー同士が触れると音が鳴ります。

この点においては、プラスチック製や針金製、木製のものなどと比べるとどうしても目立ってしまいます。

金属のぶつかる音が気になる人にとっては、デメリットといえるでしょう。

 

デメリット③ 安価ではない

3つ目のデメリットは、あまり安価ではないという点です。

プラスチック製のものは百円ショップなどで数本セットが販売されているほど、1つあたりの費用が安いです。

しかし、ステンレスハンガーは数本セットで1,000円以上するものが多いです。

つまり、1つあたりの費用で計算するとステンレスハンガーはプラスチックハンガーの10倍ほどの値段になります。

ハンガーにそこまでのお金をかけたくないと思う方には、ステンレスハンガーは向いていないかもしれません。

ステンレスハンガーがおすすめの洋服は?

ステンレスハンガーは、比較的丈夫な点が大きな特徴なので、分厚く重たい冬物の服や、コートなどをかける際におすすめです。

また、ハンガー自体が変形してしまうことがあまりないため、服の形をいつまでもきれいに保つことができます。

そのため、型崩れを防ぎたい大切な服をかける際にも向いているでしょう。

ステンレスハンガーは耐久力やデザイン面に優れている反面、比較的高価な傾向がある

いかがでしたでしょうか。

ステンレスハンガーのメリットやデメリットを解説してきました。

ステンレスハンガーはその丈夫さとスタイリッシュな見た目が大きな特徴です。

その反面、どうしても高価になってしまうというデメリットがあります。

また、比較的重たいという点や、ぶつかったときに金属音が鳴るという点も、人によっては気になるのではないでしょうか。

メリットとデメリットを踏まえたうえで、ご自身の希望に合ったものを選びましょう。

 

東京ハンガーでは、抗菌・消臭機能がついた高機能ハンガーだけでなく、ブーツやジャケットの用途別ハンガーも取り扱っております。

百貨店でもお使いいただける高品質な製品のため、ぜひあなたの服をかけるのにお使いください。

一覧へ戻る