【木製ハンガー】メリット・デメリット・相性の良い服を紹介

コラム

高級感がありホテルなどでも使用されている木製ハンガー。

「カッコいいからぜひ自宅でも使ってみたい」と考えている方も多いと思います。

ちょっと待ってください!

もちろん、木製ハンガーにはデザイン性の高さなどメリットもありますが、同時にデメリットも存在します。

木製ハンガーには、どのようなメリット・デメリットがあるのか?どんな服と相性がいいのか?など、木製ハンガーについて詳しくお伝えします。

木製ハンガーのメリット

まずは、木製ハンガーの4つのメリットを見ていきましょう。

 

メリット① 丈夫で長持ち

木製ハンガーの特長の一つが、丈夫で長持ちなこと。

とくにビーチ材(日本名:ナラ材)またタモ材のハンガーは耐久性が高く、長期間の使用に向いています。

 

メリット② 高級感がある

木製ハンガーならではの高級感にあこがれる人も多いでしょう。

木ならではの温かみや優しさを感じる人も少なくないと思います。

 

メリット③ 防湿効果がある

木製ハンガーには防湿効果があります。

そのため、クローゼット内の湿気が気になる方は木製ハンガーを利用してみるのもいいでしょう。

 

メリット④ 静電気が起きづらい

冬場、洋服を手に取ったとたんパチンと起きる静電気。

「痛い!」という思いをしたことがある方も多いと思います。

木製ハンガーであれば、衣類の静電気発生を減少させる効果があります。

冬場の静電気に悩まされている方は、木製ハンガーを選んでみるのもいいと思います。

木製ハンガーのデメリット

次に、木製ハンガーの4つのデメリットをお伝えします。

 

デメリット① 重みがある

木製ハンガーは頑丈で長持ちな分、重みもあります

洋服はただでさえ重みがあるもの。

そのうえ1本1本のハンガーまで重かったら、ハンガーラックに大きな負担を与えてしまいます。

 

デメリット② かさばる

木製ハンガーは厚みのあるものが多く、かさばることが多いです。

たくさん収納したくても、ハンガーそのものに厚みがあれば、ハンガーラックにかけられる服にも限度があります。

ハンガーラックにより多くの服を収納したいのであれば、薄手のハンガーがおすすめです。

 

デメリット③ 価格が高い

木製ハンガーは高級品であることが多く、値段も高額になりがちです。

「そんな高い値段をハンガーに支払うなら、もう一着洋服を購入したい」と考える人もいるでしょう。

また、ハンガーのデザインを揃えたいというときも、一個一個が高額だとそろえることが難しいです。

たくさんのハンガーをほどよいお値段で購入したい場合は、別の素材でできているハンガーを選ぶことがいいでしょう。

 

デメリット④ 洗濯物を干せない

木製ハンガーは耐水性に優れていないため、洗濯物を干す際には使用できません

洗濯して乾燥したあとに、ほかのハンガーに取り替えるのが面倒といった方は、洗濯時から使用できるハンガーをおすすめします。

木製ハンガーと相性のいい洋服とは

最後に、木製ハンガーと相性のいい服を紹介します。

服に合わせてハンガーを選ぶことが大切なので、ぜひ参考にしてください。

 

コート・ジャケット

コートなど服そのものに重みがある場合、ハンガーも頑丈である程度重量のあるものがおすすめです。

またコート・ジャケットでは、肩幅のサイズに合ったハンガーを選ぶことも大事。

型崩れなどを防止できます。

 

スーツ

木製ハンガーは丈夫で型崩れしにくいため、スーツにもおすすめです。

しわをつけたくないスーツは、木製ハンガーにかけておくといった使い方をするのもいいと思います。

木製ハンガーにはメリットもデメリットもある!

木製ハンガーのメリット・デメリット等についてお伝えしました。

上品で長持ちする木製ハンガー。その高級感に魅せられ、所有している方も多いと思います。

しかし木製ハンガーは長期間保管するアウターなどにはぴったりですが、値段も高く厚みがあるため、日常的に使用するのは少し難しい部分もあると思われます。

そのようなときはプラスチック製ハンガーなど、その他の素材を使ったハンガーを使用してみるのもおすすめです。

 

東京ハンガーでは、抗菌・消臭機能がついた高機能ハンガーだけでなく、ブーツやジャケットの用途別ハンガーも取り扱っております。

オーダーも受け付けておりますので、ぜひあなたの洋服に合うハンガーを探してください。

一覧へ戻る