知っておきたいプラスチックハンガーのメリット・デメリット  

知っておきたいプラスチックハンガーのメリット・デメリット

コラム

ハンガーに使われている素材には木製やステンレス製などがありますが、最もポピュラーなのはやはりプラスチック製ではないでしょうか。

プラスチックハンガーは家庭用・店舗用を問わず幅広く使われるイメージがありますが、どのような特徴があるのかご存じでしょうか。

この記事では、プラスチックハンガーのメリットやデメリット、適した洋服などを紹介しています。

プラスチックハンガーのメリット3選

プラスチックハンガーを使用する際には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

主なメリットを3つ紹介します。

 

メリット① 軽くて使いやすい

1つ目のメリットは、非常に軽いので使いやすいことです。

プラスチックハンガーは、木製やステンレス製のものよりも非常に軽いです。

そのため、クローゼットから取り出しやすく、持ち運びが簡単で扱いやすいというメリットがあります。

また、床に落としても傷がつきにくいという特徴があります。

 

メリット② さまざまな機能を搭載できる

2つ目のメリットは、ハンガーにさまざまな機能を搭載できることです。

プラスチックハンガーのなかには、特殊な素材を練りこんで成型することで、防カビ・抗菌・防臭などの機能を搭載しているものがあります。

東京ハンガーのスーツハンガー「No.880」も、プラスチックに特殊な素材を練り込むことで抗菌・抗ウィルス・消臭・防カビ・防ダニ(花粉含)を実現しています。

 

メリット③ 安く買える

3つ目のメリットは、安く買えることです。

最近ではプラスチック製だけではなく、木製やステンレス製のハンガーも100円ショップで見かけるようになりました。

100円ショップでは、プラスチック製の商品は10本程がセットになって販売されていますが、木製やステンレス製の商品は1~3本がセットで販売されています。

低コストで購入できて、お財布にもやさしいことは大きなメリットだといえるでしょう。

プラスチックハンガーのデメリット2選

軽くて安いプラスチックハンガーですが、デメリットも存在します。

主なデメリットを2つ紹介します。

 

デメリット① 耐久性が低く壊れやすい

1つ目のデメリットは、耐久性が低く壊れやすいことです。

プラスチックハンガーは強い力が加わると形状が変わることがあるので、木製やステンレス製よりも壊れやすいという特徴があります。

そのため、使用しているうちに形状が変わってしまうことや、折れてしまうことがあります。

軽くて大量生産しやすいという特徴がある以上、他の素材のものよりも耐久性が低くなっていることには注意しておきましょう。

 

デメリット② 洋服が滑りやすい

2つ目のデメリットは、掛けた洋服が滑りやすいことです

プラスチックハンガーの多くは素材の性質上、掛けた洋服が滑りやすいという特徴があります。

そのため、生地がサラサラした洋服などを掛けると、床に落ちてしまうことがあります。

なかには滑り止め加工が施された商品もありますが、安価で販売されている商品の場合は、滑り止め加工が施されていないものが多いので注意が必要です。

プラスチックハンガーと相性のいい洋服

プラスチックハンガーは、どのようなタイプの洋服でも使用することができます。

洋服の重さが比較的軽く、すぐに着ることができるものがよいので、Tシャツやジャケットなどが向いているといえるでしょう。

ただし、形状が変わりやすいので、重い洋服や複数の洋服をまとめて掛けることはおすすめできません。

コストや使いやすさを重視するならプラスチックハンガーがおすすめ

いかがだったでしょうか。

プラスチックハンガーは軽くて使いやすい、さまざまな機能が追加できる、低コストなので購入しすいというメリットがあります。

しかし、劣化が速いため耐久性が低いというデメリットがあります。

プラスチックハンガーを使用する際は、なるべく長持ちさせるために、重い洋服や複数の洋服を掛けないようにしましょう。

 

東京ハンガーでは、型崩れしにくいタイプや抗菌消臭機能がついた高機能のプラスチックハンガーを取り扱っています。

オーダーも受け付けておりますので、まずは一度お気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る