おすすめのコート用のハンガーとは?選ぶ際の注意点やかけ方を紹介  

おすすめのコート用のハンガーとは?選ぶ際の注意点やかけ方を紹介

コラム

コートをクリーニングに出した後、戻ってきたときに使われているクリーニング用のハンガーにコートをかけたまま保管していませんか?

クリーニング用のハンガーは一時的な保管を目的としているため、型崩れを起こしやすいです。

コートを型崩れさせないためにも、コートのサイズに合わせてハンガーを選ぶ必要があります。

そこで本記事では、コートをかける際のハンガーの選び方や注意点を紹介します。

コートの型崩れに悩まれている方や、コート用に新しいハンガーの購入を検討されている方はぜひ最後までご覧ください。

コート用のハンガーでおすすめのタイプとは?

コート用のハンガーは、全体的に少し厚みのあるタイプのハンガーを選択することをおすすめします。

コートは、他の服に比べて厚みがあり丈も長いため、厚みのあるハンガーであれば重さにも耐えられます。

ハンガーにも服との相性があるので、掛けようとしている服の重量にハンガーが耐えられそうかの確認は必ず行いましょう。

コート用のハンガーを選ぶ際の注意点2つ

コート用のハンガーを選ぶ際は、ハンガーサイズと用途の2つに注意しましょう。

 

注意点1 ハンガーサイズ

1つ目の注意点は、ハンガーサイズです。

ハンガーにも、女性用と男性用がありそれぞれサイズが違いますので事前に確認しましょう。

正しいハンガーサイズを確かめる方法としては、まずコートの肩から肩までの長さを測ります。

次に肩同士の距離から1cm~2cm差し引いた長さを出ししょう。

この長さが正しいハンガーサイズですので、お持ちのコートの肩から肩の長さを測ったうえで適したハンガーを選びましょう

 

注意点2 ハンガー用途

2つ目の注意点は、ハンガーの用途で選ぶことです。

ハンガーにも、スーツ用、ブラウス用、パンツ用など、それぞれの用途があります。

コート用のハンガーとして適しているハンガーは、肩先にかけて厚くなっているものです。

薄いハンガーや細いハンガーは、コートの重みで型崩れを起こしやすいため、用途に合ったハンガーを選択しましょう。

専用ラックを使ったおすすめのコートの収納方法

コートを収納する際は、コート用のハンガーを専用ラックに掛ける収納方法がおすすめです。

ラックとは、コートやスーツのジャケットなどのかさばる衣類をかけるための家具のことです。

特にコートは厚みがあるため、クローゼットに入れるスペースがなく専用のラックを用いて収納している方もいます。

クローゼットには他の服も収納することが多く服同士が密着しやすいため、コートをハンガーに掛けていたとしても、しわになってしまう可能性があります。

そのため、コートをコート用のハンガーに掛けたうえで、さらにラックを活用しましょう。

ラックにハンガーをかけることで、服同士の距離が空きしわを防ぐことも可能なのでおすすめの収納方法です。

正しい方法で保管できるコート用のハンガーを選ぼう

コートに合わないハンガーを選んでしまうと、型崩れが起きやすくなってしまいます。

持っているコートの厚みなどのサイズに合ったハンガーを選び、長く着続けられるように適切な収納を行いましょう。

 

東京ハンガーでは、オリジナルハンガーを多数取り揃えております。

皆様のご希望に沿うハンガーを提供することが可能ですので、ハンガーを新しく探している方や、持っているコートにどのサイズが合うのか分からない方もぜひお気軽にお問い合わせください。

一覧へ戻る