【かさばるハンガーに困っている方に】ハンガー収納アイデア6選!

コラム

家の中にたくさんあるハンガー。

使わないときに適当にまとめていたら、絡まって取り出しづらかった…。使わないときに結構場所を取って邪魔になっている…と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

ここでは、かさばりやすいハンガーを効率的に収納できる6つのアイデアを紹介します。

「ハンガーがありすぎて置き場に困っている」「ハンガーを整理整頓する方法を知りたい!」といった方は、ぜひともご覧ください。

かさばるハンガーの収納アイデア6選

かさばるハンガーを収納するのに便利な6つのアイデアを紹介します。

 

1.ランドリーボックスに収納する

ハンガーを大容量収納したい方におすすめなのが「ランドリーボックス」を活用する方法。

ランドリーボックスは大容量のものが多く、ハンガー以外に整理したいものもまとめて収納できます。

ランドリーボックスがない場合は、布バッグなどでも代用可能です。

 

2.ファイルケースに収納する

狭いスペースにハンガーを整理整頓して収納したいのであれば「ファイルケース」がおすすめ。

ファイルケースのサイズはハンガーにぴったりで、種類ごとにケースを分けて収納することも可能です。

さらに、ハンガーを収納したファイルケースを入れるためのカゴやボックスを購入すると、まとめて移動させるときに便利ですよ。

 

3.突っ張り棒を付けて収納する

デッドスペースに「突っ張り棒」を設置して、そこにハンガーをかけて収納する方法もあります。

クローゼットや押し入れの中に突っ張り棒を設置して、ハンガーを収納するのもいいですね。

 

4.マグネットフックを取り付けて収納する

「マグネットフック」を貼り付けて、ハンガーを収納する方法もあります。

色々なマグネットフックが販売されていますが、おすすめは向きを変えられるもの!変えられる場合、フックの向きにとらわれることなく、色々な場所に貼り付けられます。

またフック以外でも、マグネット付きのケースを貼り付け、そのなかにハンガーを収納する方法もあります。

 

5.ブックスタンドに立てかける

引き出し内の収納であれば、「ブックスタンド」も活躍します。

たくさんの種類のハンガーを一カ所に収納したい場合は、別の種類のハンガーに切り替わる際、新しいブックスタンドを中間に置くと、見分けがつきやすくなります。

 

6.キッチンペーパースタンドにかける

「キッチンペーパースタンド」に、ハンガーを積み上げて収納する方法です。

キッチンペーパーの芯を入れる支柱、紙を切る支柱の2本が支えになって、ハンガーを絡ませることなく収納することができます。

ハンガー収納の方法にもこだわろう

ハンガー収納に使える6つのアイデアを紹介しました。

かさばりがちなハンガーをどう収納すればいいか分からず、お困りの方も多いのではないでしょうか?

今回ご紹介したように工夫次第で、ハンガーは簡単・きれいに収納できます。

種類ごとに分別するなど、便利な収納方法もたくさんあるので、自宅にハンガーがたくさんあって困っている方は、ぜひ試してみてください。

 

東京ハンガーでは、抗菌・消臭機能がついた高機能ハンガーだけでなく、ブーツやジャケットの用途別ハンガーも取り扱っております。

オーダーも受け付けておりますので、ぜひあなたの洋服に合うハンガーを探してください。

一覧へ戻る